NTTデータのカード&ペイメント事業部が、VDI環境のシステム基盤にデータコアを採用

Press Release     

<導入事例>

2017年5月30日

データコア・ソフトウェア株式会社

 

NTTデータのカード&ペイメント事業部が、VDI環境の導入・構築に、

データコアのサーバーSANソリューション「SANsymphony」を採用

サーバーSANにより、コストを劇的に削減し、運用管理の容易性を獲得

導入コストは当初見込みから30~40%減。TCOも大幅削減見込み。

パラレルI/Oテクノロジーで圧倒的なハイパフォーマンスを実現

ストレスのないVDI環境・・・ローカルPCよりも高速に動作

 

ハイパーコンバージド(超集約型)仮想SAN、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)、適応型パラレルI/Oソフトウェアの先進企業である米DataCore Software Corporationの日本法人、データコア・ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区、日本代表:小坂素行、以下:データコア)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本敏男、以下:NTTデータ)ITサービス・ペイメント事業本部カード&ペイメント事業部が、社内業務システムとして新たにVDI=仮想デスクトップ=環境を構築し移行するにあたり、そのシステム基盤に、データコアのパラレルI/O技術によるストレージ仮想化ソリューション「SANsymphony」を採用したことによって、パフォーマンス・生産性と運用コストとの両面で多大の成果が得られたことを発表します。

TTデータは、日本の金融インフラの大きな一翼を担うカード決済ネットワーク「CAFIS®(Credit And Finance Information System)」を運用しています。カード会社や金融機関と加盟店を結んでクレジットカードやデビットカード、ポイントカードなどの決済や取引をスピーディーに処理するカード決済総合ネットワークサービスで、接続社数、取引量ともに日本最大の規模を誇ります。このネットワークサービスの企画・開発・運用を担っているのがカード&ペイメント事業部です。

 

 

NTTデータが全社で取り組む情報セキュリティ強化の一環として、同事業部では2016年、社員の端末を一般PCからVDIに移行することを決め、構築するシステムの検討が開始されました。最終的なクライアント端末数が事業部全体で約2000台規模となる予定のシステムです。高いレベルでパフォーマンスが安定し、すべてのユーザーがストレスなく業務ができ、生産性が高く維持され、適切なコストでかつ運用管理が容易な環境という要件が設定されました。

ストレージ仮想化のためのSDS(Software Defined Storage)の選定において、2000台規模の端末台数に対して期待するパフォーマンスを実現するためには膨大な数のサーバーを導入する必要があることが判明。初期導入コスト、TCOともに非常に高額であり、サーバー設置にも膨大なスペースを必要とするものでした。

要件を満たすソリューションは、システム導入・取扱いの国際産業技術株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:立花和昭、以下、KSG)からの、データコアSANsymphonyをシステム基盤とする提案によりもたらされました。SANsymphony はx86サーバーと汎用的なストレージで仮想化したSAN(Storage Area Network)を実現するソフトウェア。アプリケーションサーバーからは、SANsymphonyサーバーおよび配下のストレージがSANストレージとして認識される「サーバーSAN」であり、高価なストレージ専用製品と比較すると、記憶容量当たりの単価が圧倒的に安価となります。ストレージが何であるか、物理/仮想ホスト、ブランドなどを問わず異種ストレージをプールし、シンプルに統合管理します。さらに、I/Oを複数のCPUコアで並列処理するデータコア独自の「パラレルI/O」技術により、I/Oボトルネックを解消してデータI/Oを劇的に高速化し、ハイパフォーマンスでストレスのないVDI環境を実現します。

SANsymphony・SDSサーバーSANの機能が、高いレベルで要件に合致するとして検討が進められ、検証を経て採用が決定。2016年11月からシステムの開発に着手し、翌17年2月からクライアント200台での稼働を開始、同年末までに事業部全体で2000台規模での稼働となる予定です。

KSGからは、メラノックス テクノロジーズ ジャパン(本社:東京都新宿区、ジェネラルマネージャー兼社長:西尾則子)のインターコネクトソリューションで構成される高速ネットワークを、データコアのサーバーSANに組み合わせた提案がなされており、同社のInfiniBandバンド同等のRAS性能を持つEthernetスイッチ、NIC、ケーブルなどによりにより、高速・超低レイテンシーで、パケットロスの全くない、エンド・トゥ・エンドで56Gビット/秒の帯域幅を実現するネットワークが導入されています。

SANsymphony導入の結果、同事業部では、システムの初期コストは当初見込みの30~40%減に収まっており、2000台規模になった時点では、TCOも大幅に削減できる見込みです。導入前の環境では、端末の起動・ログイン処理が完了するまでに要した約3.4分の時間が、新システムでは約0.3分に短縮。2000台規模で考えれば、全体で1日当たり合計103時間(3.1分×2000台)もの時間を創出できることになります。

同事業部、ITサービス統括部 ITサービス企画担当 課長代理の萩野谷聡氏は「SANsymphonyを導入することによって、ブートストーム等のVDIで一般的ともいえる課題が全く問題にならず、むしろ性能、コスト面で多大な成果を得られました。個々のクライアント環境もSSD搭載のPC並みの体感性能に向上し、今回のSANsymphonyの導入には大変満足しています。既に2000台規模の展開となる第2フェーズも構築中で、同製品への期待は更に高まっています」と述べています。

 

■パラレルI/Oソフトウェア

複数のI/Oストリームを複数のコアで並列に同時に処理するため、I/O処理にかかる時間が大幅に短縮し、多数のサーバーの作業を1台のサーバーに実行させることを可能にする技術。サーバーの仮想化が高度に進行した現在のコンピューティングでボトルネックとなっていたI/Oパフォーマンスの問題を解消します。今日のマルチコアシステムが持つ対称型マルチプロセッシングという特徴を有効活用することによってパフォーマンス成果が生まれるもので、米国の公査機関において業界の監査と専門家のレビューを経たベンチマークによるI/Oパフォーマンスと応答時間のSPC-1世界記録を樹立しています。

【米DataCore本社CEO、ジョージ・テクセイラより日本企業の皆様へのメッセージ】

このたびは、日本最大のITシステムサービス企業であるNTTデータ様の事業部で業務VDIの構築に当社サーバーSANソリューション「SANsymphony」を導入いただき大変光栄です。また同社にデータコアのソリューションと、これをメラノックス テクノロジー様の超高速ネットワークソリューションとを組み合わせて一層比類の無いVDIシステムとするご提案および導入支援をいただきました国際産業技術株式会社様のご協力に感謝いたします。

DataCoreは世界で12,000社以上の顧客を持ち、1998年の創業以来ストレージ技術の革新者として、世界最速のストレージ性能を達成しています。2017年は、DataCoreのパラレルI/O技術と、そのパフォーマンスおよび生産性向上効果について、実際の導入事例をご紹介し、特に今般のNTTデータ様のような好見本を通じてDataCoreの真の価値の伝達を図っていければと考えています。

当社ソフトウェア製品は、顧客企業をそれぞれの業界でのゲームチェンジャーにするソリューションであり、認知・理解の拡大と導入の進展により、多数の日本企業に競争優位を確立していただけるものと信じています。

                            以上

 

【国際産業技術(KSG】について】

国際産業技術株式会社は、ICTエコシステムに貢献する新しいICT商社を目指しています。独立系の強みを活かし、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器、ワークステーション等のICT機器や保守用パーツ、ソフトウェア製品をマルチベンダーで且つ、国内外から新品・中古を問わず調達し、顧客のニーズに応じて店舗販売・ECサイト・訪問営業といった、多様な販売チャネルで展開しています。また、ソリューション提案から、製品出荷時のキッティング、設置・環境設定、システム構築、保守サービスまでトータルインテグレーションに対応し、長年に渡り蓄積された独自のノウハウにより、高品質なサービスを提供しています。

http://www.ksgnet.com/

Mellanox Technologiesについて】

Mellanox Technologies(NASDAQ: MLNX)は、サーバーやストレージを対象にInfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンドインターコネクトソリューションを提供するリーディングカンパニーです。メラノックスの製品により、最高のスループット、最小のレイテンシーが提供され、データセンターの効率性が向上します。また、アプリケーションにデータが高速に伝達されるため、システムのパフォーマンスを最大限向上させることができます。メラノックスは、アダプタ、スイッチ、ソフトウェア、ケーブル、シリコンといった高速インターコネクト製品を提供しており、これらの製品により、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、HPC、データセンター、Web 2.0、クラウド、ストレージや金融といったさまざまな市場において業績を最大化する一翼を担っています。1999年に設立されたMellanox Technologiesは、米国カリフォルニア州サニーベール、およびイスラエルのヨークナムに本社を構えています。日本法人:メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社 http://ift.tt/1cfCNMT

DataCore Softwareについて】

データインフラソフトウェアを扱うDataCore Software(本社:米国フロリダ州、CEO:ジョージ・テクセイラ(George Teixeira))は、ソフトウェア定義ストレージおよび適応型パラレルI/Oソフトウェアの先進企業です。今日の強力で費用効率の高いサーバープラットフォームをパラレルI/Oで有効利用することで、IT 業界の最大の問題であるI/Oボトルネックを解消し、卓越したパフォーマンスと、超統合による効率、コスト削減を実現します。DataCoreのストレージ仮想化およびハイパーコンバージド(超集約型)仮想SAN という包括的で柔軟なソリューションの使用により、労働集約的なストレージ管理から解放され、ハードウェア非依存のアーキテクチャを持たないソリューションから、真の意味で自由になることができます。

DataCoreのパラレルI/O機能を持つソフトウェア定義プラットフォームは、データインフラを革命的に進化させるものです。これが次世代のソフトウェア定義データセンターの基礎となり、高い価値と、業界随一のパフォーマンス、可用性、シンプルさをもたらします。

http://www.datacore.jp/ http://ift.tt/OiaFBb

 

※本書に記載の会社名および製品名・サービス名などは、該当する各社の商標または登録商標です。

※本書に記載の内容は発表日現在の情報です。発表後予告なしに変更されることがありますのでご了承ください。

 

一般読者からのお問い合わせ先

データコア・ソフトウェア株式会社

TEL:03-6695-7013(担当:鎧塚、田中)

E-mail:DataCore-Japan-Info@datacore.com

http://www.datacore.jp/

 

 

報道関係のお問い合わせ先

データコア・ソフトウェア広報事務局

TEL:03-4405-8773 担当:河端、川口

E-mail:datacore@alsarpp.co.jp

東京都千代田区神田錦町3-21-1021 〒101-0054

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s