Hanover Hospital: A Storage Efficiency Case Study

Hanover Hospital is an independent, not-for-profit community hospital located in Hanover, Pennsylvania, which belongs to a larger network called Hanover HealthCare PLUS. Hanover Hospital hosts an impressive assortment of important healthcare data for 6,000 patient visits, 190,000 outpatient visits, 600,000 lab tests, and 90,000 imaging scans. At the heart of Hanover Hospital’s business model is their patient’s’ care and wellness. The data stored there containing all those records for each patient must

DataCore社、デジタルトランスフォーメーションの課題に対応するソフトウェアディファインドインフラストラクチャー製品の新バージョンを発表

2017年11月15日

DataCore社、デジタルトランスフォーメーションの課題に対応するソフトウェアディファインドインフラストラクチャー製品の新バージョンを発表

フェイルセーフなビジネス継続、自己修復可能なインフラストラクチャー、コンテナ・オーケストレーション、ハイブリッドクラウドレプリケーション、マルチウェイによるデータ可用性を提供し、稼働時間と応答性を保証する新しいソフトウェアリリース

米DataCore Software Corporationの日本法人、データコア・ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区、以下:データコア)は、ソフトウェアディファインドインフラストラクチャー製品ファミリーを強化する新機能と拡張を発表します。本製品ファミリーにはSANsymphony™とDataCore Hyperconverged Virtual SANが含まれます。この新しいPSP7ソフトウェアリリースは、デジタル時代のビジネスの変革における多くの課題に対処するために必要な機敏性を企業に提供するという、DataCoreの長年のビジョンを促進します。同時に、必要に応じてデータがどこにあろうとも、自動的に、応答性のよい、信頼できる、シームレスなデータアクセスを提供します。

「デジタル化のこの時代において、インフラの近代化は長い道のりです。老朽化したものをリプレースする応急処置のソリューションを提供する他社と異なり、当社のアプローチはサイロ化したインフラを分解し、お客様にサーバーSAN、ソフトウェアディファインドストレージ、ハイパーコンバージド、ハイブリッドクラウドに跨るエントリーポイントと共通の管理サービスの選択を提供します。同時にストレージへの既存の投資は保護します。」また続けて、「当社はソフトウェアディファインドを、企業が依存するアプリケーションには変化の影響を与えないようにしながら、新旧のテクノロジーを統合する現代化の手段であり、デジタルトランスフォーメーションの架け橋だと位置づけます。」

Why:  ソフトウェアディファインドの機敏性と選択の自由から生まれるビジネスの成果DataCoreはソフトウェアディファインドストレージに最も早く取り組みました。それはデータサービスとストレージ容量の管理を抽象化および自動化し、お客様をベンダーのしばりから解放、他の追随を許さないパフォーマンスとデータ保護を、比較できる他のソリューションと比べるとわずかな費用で実現します。このテクノロジーは、世界各国で導入済みの数千ものお客様サイトで証明されているように、企業が変化に対応し、共通して広がる実装の選択を管理し、フラッシュ、NVMe、クラウドといった最新テクノロジーをビジネスアプリケーションの停止なしに追加することを容易にします。

What’s New:

PSP7では新規にマルチウェイかつメトロミラーの機能を追加し、連続した可用性とスケールアウトした回復機能を拡張、自動回復能力を提供して止まらないビジネスオペレーションとデータアクセスを実現します。1システムが障害の際にも高パフォーマンスおよび高可用性の冗長化を維持し、また2システムが障害でもオペレーションは継続されます。アプリケーションの稼働時間を最大化し、最短時間でのリストアを実現することにより、大きなコスト削減をもたらします。

また、DataCoreは本リリースでRESTエンプライズAPIの統合も拡張します。VMware vSphere管理下でハイパーコンバージドインフラストラクチャーの導入を簡素化し、自動化する新しいウィザードも提供されます。さらに、サーバーのクラスターを跨って複数のコンテナー(Kubernetesを含む)を統合するコラボレーションのサポートも追加されます。これらの機能により、webとクラウドサービスとのインターオペラビリティの自動化および簡素化を実現し、仮想環境の管理者による単一管理コンソールからのストレージリソースの完全な制御、およびデジタルトランスフォーメーションを加速させるDevOpsテクノロジーのサポートを容易にします。

最後に、PSP7ではMicrosoft Azure、Windows 2016およびハイブリッドクラウドソリューションの使用に関する拡張されたサポートを提供します。Azure Marketplace上で利用可能なDataCore Cloud Replicationを利用すると、企業にとってはAzureクラウドの拡張性、機敏性、コスト効果を活用した素早い安全なリモートレプリケーションサイトのロールアウトが簡単になります。同時にプライベートクラウドやオンプレミスのインフラストラクチャー、パブリッククラウド間での統一されたストレージ管理は維持されます。

テクノロジービジョンの競争力あるビジネスアドバンテージへの変換
本リリースは、マルチコア・パラレルI/O処理がパフォーマンスと生産性の拡大に向かっていくDataCoreのテクノロジービジョンに継続して基づいており、仮想I/Oにおける”data anywhere”のスケールアウトテクノロジーへのさらなる進歩の土台となるものです。新しいマルチウェイ・ミラーのデザインはノードをスケールアウトし、フェールセーフの回復力を追加、自動化によりデータがどこにあるのかを知る必要性を取り去ります。こうしたテクノロジーは、データサービスのさらなる自動化と組み合わせて、将来を見据えたインフラストラクチャーの鍵となります。それはまた、今日のより厳しいパフォーマンス、稼働時間、データの配置場所の要件に合致するコスト効果となり、企業のビジネスを競合他社より先に進む支援に繋がります。

本リリース内の新機能に関するさらに詳しい技術情報については、http://ift.tt/2zipIWo(英語)を参照してください。PSP7は11月末からダウンロード可能になる予定です。

DataCore Softwareについて】

DataCore Software(本社:米国フロリダ州、CEO:ジョージ・テクセイラ(George Teixeira))は、 起業、官公庁などが以前の投資や既存のインフラストラクチャーを無駄にすることなく新しいITの発展を取り入れていくことを支援します。DataCoreは約20年前からソフトウェアに基づくストレージ仮想化のパイオニアであり、記録的なパフォーマンスを樹立しながらヘテロな環境でストレージ管理に柔軟性と機敏性を継続してもたらしています。DataCore社の主力製品であるSANsymphony™は単一の管理とサービス基準で様々なストレージをプール化、一元化します。Hyperconverged Virtual SANはクラスター内の内蔵またはDASストレージを使用して同様のサービスを提供します。DataCoreのParallel I/Oテクノロジーはマルチコアサーバーの能力を活用し、IT業界の最大の未解決の問題といえるI/Oボトルネックを克服します。DataCore MaxParallel™製品群は、まずMaxParallel for SQL Serverを皮切りに、このParallel I/Oテクノロジーを適用してアプリケーションに特化した問題を解消します。DataCore Softwareは1998年の設立で、現在全世界で10,000以上のお客様に導入され稼働しています。DataCoreのソリューションはLenovo社のようなハードウェアベンダーからターンキーアプライアンスとしても提供されています。

※DataCore、DataCoreロゴ、MaxParallel、SANsymphonyはDataCore Software Corporationの商標または登録商標です。文中に記載のDataCoreの他のその他の製品またはサービス名、ロゴはDataCore Software Corporationの商標です。文中で言及されるその他の製品名、サービス名、会社名はすべてそれぞれの所有者に帰属する商標である可能性があります。

Why Faster Application Response Times Are No Longer Optional

faster applications MaxParallel

Contributed by Alfons Michels, Director of Product Marketing,

DataCore Software

 

Like you, I’m used to instant gratification, whether it’s from an ATM or my search engine or internet connectivity. For example, if a web page takes longer than 2 seconds to load, often the visitor will leave the site. The same level of responsiveness applies when application data is being processed–it needs to happen as fast as possible or people get annoyed and business transactions are slowed. But when it comes to your data center or server cluster, speeding the response time is not that easy. Depending on your how your data provisioning is set up, it can be a little bit like turning the Titanic around.

Get Faster Application Response Times

When you talk with your IT department, the explanations for why response times are not faster are often too complex to be easily understood. Sometimes the performance of the databases is the culprit–and to improve performance requires a redesign of the queries, new hardware (server and/or storage), or a recommendation for new software to be installed. All of these options are complex and time-consuming changes associated with a high-cost of investment.

But if you would like to achieve faster response times for your business applications, it may be worth talking to your IT team and offering them a solution. For example, when they tell you that your SQL database is primarily responsible for insufficient speed and that all updates and changes in the past are resulting in low CPU utilization, even with many parallel requests and many cores are available, you may be able to offer a new idea to them. In other words, don’t just complain–give them a solution option.

Talk to IT about MaxParallel

During your next meeting, reach out to your team and ask whether they’ve considered DataCoreTM MaxParallelTM as a solution for SQL performance improvements. They may secretly be thinking that this is not your core competency, but you can download this PDF and share it with them or point them to this blog post, which recaps the key benefits of MaxParallel. Hopefully, it will inspire them to review and share this detailed information.

Try Now for Free

Encourage your IT people to do a trial download of MaxParallel. There’s no risk and it’s likely that your entire organization, including IT, will benefit from it. They can test it with no costs as demo on Azure or as 30-day trial, for free, in their environment.


Let me know how it goes. Keep me posted on how much faster your applications run on MaxParallel, click here to learn more!